common(コモン)|ひばりが丘のアフタースクール

好奇心に素直に従い、何でも試してみる。
あれこれ試行錯誤し自分たちで工夫をする。

子供たちの中に蓄えられた体験や経験は、
その後の人生を豊かにする糧になります。

わたしたちのアフタースクールは、
そんな子供たちの素直な気持ちを支える
舞台になりたいと考えています。

子供たち一人ひとりの試行錯誤を
保護者の方々や地域の方々とともに応援し
挑戦や工夫、失敗や成功を
一緒に喜び合う時間を積み重ねていきたい。
そんな場所を目指していきます。

私たちが大切にする5つのこと

子供たちの100の個性を育む。学び方を学ぶ心構えを育む。これらは、今までの常識が通用しない、変化に富んだ不確実性の高い現代社会において求められるものです。一方で、どのような時代においても本質的に変わらず社会をよりよく生き抜くために必要なものもあります。私たちは、その両面を大切にし、アフタースクールの活動を通じて、地域の方との豊かなコミュニケーションの中で育んでいこうと思います。

1.試行錯誤と工夫

考えながらやってみること、やってみながら考えること。どの時代においても、試行錯誤をしながら工夫をする体験が子供達の成⻑の基盤となります。子供たちのプロセスそのものや時には失敗することも含めて、見守っていきます。

2.安全基地

何かをやってみようと挑戦をするためには、心の余白と安心感が重要です。「大丈夫だよ」と言い合える信頼関係を子供たちと築いていきます。

3.多様な観点

子供達の個々の多様な特性・個性を見てとり育みます。そのために必要な多様な観点・ボキャブラリーを養います。

4.コミュニティを育むこと

自分自身で挑戦するからこそ、他者の挑戦も喜び合えるはずです。個人の成⻑は、その環境やコミュニティの成⻑と紐づきます。「個」を大切にしながら、そんな「個」が集まることの可能性も探求します。

5.大人の背中

科学や建築、文学、語学、芸術、デザイン、歴史、哲学、プログラミング・・・。子供たちは、きっと大人の背中を見ているはずです。私たち自身が持つ、専門性やネットワークを活かしながら、多様で豊かな社会のあり方を伝えます。

“common”について

名称
common(コモン)
所在地
東京都西東京市ひばりが丘3−2−17(西武バス「ひばりが丘団地西口」バス停から徒歩2分)
設置者
協和物産株式会社 Learning in Context事業部
運営形態
民間学童施設
開園日
2020年4月1日(水)予定
開所時間
月〜金曜日13:00〜19:00
※最長20:30まで延長あり/※土曜、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)は休所/その他、台風や地震などの自然災害の発生や、やむを得ない事情により施設長が休所を判断する場合あり
対象学年
小学校1年生〜6年生
※2020年4月1日時点での学年
定員
50名(予定)
施設長
山下 純平(やました じゅんぺい)
連絡先
メール:info@learning-in-context.com / 電話:080-7220-9582
※お電話の場合、受付時間は11:00~18:00です。
加入保険
準備中
災害時避難場所
中原小学校を予定

contents

where is
"common"?

ひばりが丘の地図

〒202-0001
東京都西東京市ひばりが丘三丁目2番17
Google Mapで開く

follow us

送迎無料、最大20:30までお預かり。
子供たちの試行錯誤を応援する、ひばりが丘のアフタースクール
「common(コモン)」が2020年4月にスタート!
オープンに向けて、説明会や体験会、学びの情報などをお届けまします。
まずはメールマガジンのご登録をお願いします。

メールマガジンのご登録はこちら

2020.4.1 start!

☝☝☝