common(コモン)|ひばりが丘のアフタースクール

コロナ禍で学童はどうなっていく?

その他活動

common施設長の山下です。

コロナが流行して3年目を迎えました。当初は一過性のものと考えていたこともあったこの状況ですが、まだまだ収まる気配はなく、ニューノーマルという言葉も定着しつつあります。

世の中の様々な仕組みが、この環境の中で見直されている中、教育もその影響を強く受けていることの1つです。そして、学童もその役割や社会的責任は大きく注目を集めることになり、それは生活の支援だけでなく、学びの場としての価値も見直されてきているように思います。

一般的に学童というのは、公設の学童と民間の学童の大きく2つがあり、commonは後者の1つです。それぞれ特徴が違い、保護者のニーズ、家庭状況に応じて選ばれていますが、コロナはその選択の基準となったものが大きく変化していて、これから先の学童の在り方も変わっていくように思います。

そこで、今回公設学童と民間学童の違いに触れるとともに、commonがコロナ禍でどういった価値を提供しているかを紹介します。

皆さんが学童を選ぶときにどういったことを重要視したいのか、そして皆さんの子どもにとって一番大切なことは何か。そんなことも考えるきっかけになればと思います。

記事は下記からぜひご覧ください。

https://note.com/cmn_tokyo/n/na56b2df1d1d8

contents

where is
"common"?

ひばりが丘の地図

〒202-0001
東京都西東京市ひばりが丘三丁目2番17
Google Mapで開く

follow us

送迎無料!最大20:30までお預かり!
2020年4月、ひばりが丘団地に子供たちの試行錯誤を応援する
アフタースクール「common(コモン)」がスタートしました!
説明会や体験会、学びの情報などをお届けいたしますので
もしよければ、まずはメールマガジンのご登録をお願いします。

メールマガジンのご登録はこちら

☝☝☝